●入居者インタビュー:客家 下北沢の家 編(3)

インタビュー
インタビュー風景

@ シェア住居生活の良い点を教えて下さい。

谷崎さん: 雨が降ったときに洗濯物の取り込みを電話で頼めたり、助け合えるところですね。あと行ってみたいけど一人では入りづらいようなお店に入居者の友達と一緒に行けたり。

@ シェア住居生活の悪い点を教えて下さい。

谷崎さん: 人によって違うと思いますが、共用スペースで物が置きっ放しになっていたり、整理整頓の感覚のズレが気になったりする人もいると思います。私はあんまり気になりませんが。洗濯機やシャワーを誰かが使っていたら、その間使えないのも不便ですね。あと電話は気を使います。他の入居者に聞こえないようにラウンジや廊下、外に出て話します。

@ シェア住居に住んでいて良かったと思う瞬間はありますか?

谷崎さん: 服の貸し借りをしたりもします。あと服を買ったときに入居者の友達にファッションチェックしてもらったり。これどう?これどこで買ったの?みたいな感じです。楽しくてプチ家族とでも言うのか、家族が増えた感じがします。

@ ネガティブなことで印象的だった出来事はありますか?

谷崎さん: 少しトゲのあるというか、クセのある人が入居者にいたことがあって、その時はやりづらかったです。みんなの雰囲気が壊されたような感じでした。今はその方はいませんが。

@ ポジティブなことで印象的だった出来事はありますか?

谷崎さん: みんなで花火を浴衣を着て横浜まで見に行ったのが印象的ですね。

@ シェア住居に住んで自分が変わった事はありますか?

谷崎さん: あまり無いと思います。マイペースなので、性にあっているのかもしれません。みんな仲が良いとは言え、必要以上に相手に深入りはしないでプライバシーを尊重するので、適度な距離感が保たれていると思います。

インタビュー風景

@ これからどのくらいシェア住居に住むつもりですか?

谷崎さん: まだ分からないです。全くの未定です。一般賃貸を探す間の仮住まいのつもりで入居したけど、居心地が良いしズルズル住んでいますし、タイミング次第ですかね。

@ これからのシェア住居に期待すること、こんな物件があったら良いなということはありますか?

谷崎さん: 共用スペースが広い物件が良いですね。あと洗濯機やシャワー等の混む設備が十分にあって、靴があふれることが多いので玄関も広くて、庭もあって、キッチンの設備が豊富だったら最高です。人数が多すぎるのもあまり良いとは思いません。

@ 友達にシェア住居を勧めるとしたら、どういう人に向いていると思いますか?

谷崎さん: 時間にしても空間にしてもプライベートを完璧に確保したい人、几帳面で神経質な人には無理だと思います。あと人見知りな人も難しいと思います。どんなところでも生活できるようなタフな人にお勧めできるのでは。

@ これからやりたいこと、将来の夢はありますか?

谷崎さん: 時をみて、そのうち海外に行きたいと思っています。まずはワーキングホリデーとかで行きたいです。まだ何も決まっていませんが。とにかくいろんなところに行ってみたいですね。

なかのひと