●入居者インタビュー:シェアプレイス読売ランド 編(2)

インタビュー
インタビュー風景

@ ビリヤードやフィットネス、シアタールームも付いていますが?

杉山さん: 最初は練習するんだけど、仲良くなると喋っちゃって。でも、誘われたら勿論付き合いますよ。

@ 友達はどの位できましたか?

杉山さん: リビングに出てくる方とは仲が良いですね。30人くらいかな。外国人も同じように出てくるんで仲良くしてます。日本で外国人がこういった物件をよく見つけて来るもんだな、とびっくりしてます。

@ 外国人がいると楽しいですか?

杉山さん: いっぱいいたら楽しいですよね。まあ、外国人ばかりいっぱいいるとうるさいかもしれないけど、うちにいるのはおとなしい人が多いです(笑)。

インタビュー風景

@ 入居してから印象深かった思い出を具体的に教えて下さい。

杉山さん: なんだろうなー、一番いいのは友達が増えたっていうのはありますし。いろんな人が作る料理が面白いとかかな。アンゴラ人の女性が作るアンゴラ料理が美味しかったです。甘辛酸っぱいプラスアルファみたいな。なかなか食べれないですから、新鮮でしたね。

@ パーティーはしますか?

杉山さん: オープン時は毎週パーティーしてました。最近は月1くらいですかね。誕生日パーティーとかしなきゃいけないかなって。最近、お酒は減りましたね。そう言えば、以前みんなで万座温泉に泊まりに行った事もあります。

@ シェア住居のいい所、悪い所を教えて下さい。

杉山さん: いい所はやっぱり、面白いとかコミュニケーションがとれるとかですよね。悪い所は、慣れてくるといい加減になって、例えば調味料とか食材とかがうまく行かない。なあなあになって勝手に使っちゃったりとか。みんな言う事は言うから良いんですけど、中には難しい人もいますからね。

@ シェア住居に向いている人、向いていない人はどんな人だと思いますか?

杉山さん: 引き篭もっている人はダメじゃないかな。それでいいなら良いんですけど、せっかくあるならリビングとか使ったほうが楽しいと思うんですよ。初めはコミュニケーション取るのが大変だと思うんですけど。公園デビューみたいな。でも根気良くリビングに出てきて挨拶さえしていれば、そのうち誰かしらとウマが合うと思います。誰かと仲良くなれればそこから友達を紹介してもらえるから、ひとりでも仲良くなれれば大丈夫。

あと、特技持ってる人は強いですよ。一発芸もそうですし、最近はヨガの先生がすぐ打ち解けてましたね。女の子は美容と健康から。

インタビュー風景

@ 入居時はどの位住む予定でしたか?

杉山さん: 考えて無かったですね。とりあえず入っとけ、と。実は1年も居ると思ってませんでした。入りやすくて出やすいってのがいい所ですから、ここでも買い物感覚で部屋を変えている人はいますね。部屋の色が飽きたから、誰かが出て空いた時にチェンジしたりというのもあります。

@ どんな人が住んでいるんですか?

杉山さん: そうですね、特殊な人は居ないですね。20代後半の公務員とか会社員とか普通の人が多いです。コックとか美容師とかはほとんどいないです。あとweb系とかも多いですね。職業は大体知ってますけど、そんなに話題に出ないです。仕事内容とかは詳しくは知りませんね。東大生もいます。

@ シェア住居を出るのはどんな時だと思いますか?

杉山さん: 海外に遊びに行くか、仕事で飛ばされるか、どっちかでしょうかね。まあ結婚もあるかも知れませんが、今の所結婚する気はないので。自らの意思ですぐに出て行くというのは無いですね。

@ 本日はどうも有難うございました。

なかのひと