●入居者インタビュー:bettak上野御徒町 編(2)

インタビュー
インタビュー風景

@ シェア住居を知ったきっかけは?

高澤さん: 前から知っていましたが、外国人が中長期で住むというイメージでした。日本人も多いということはインターネットで調べて知りました。

@ 物件は他に何軒ぐらい見ましたか?

金子さん: 3軒見ました。

高澤さん: 1軒しか見ていないです。すぐここに決めました。

@ bettak上野御徒町に決めた理由は?

金子さん: 前の秋葉原のシェア住居は利便性が良かったので決めたのですが、スーパーが周りに無かったり生活感が無かったのでbettak上野御徒町に移りました。

@ 入居する直前はどのような気持ちでしたか?

金子さん: 関西人は基本的に関西を出て行きたくないので、憂鬱でしたね(笑)。

高澤さん: シェア住居に期待もありましたが、どういう人が住んでいるか不安もありました。入居を決めてから住み始めるまで一週間しかなかったので、準備にバタバタしていたら時間が過ぎていたという感じですが。

西海さん: 楽しみにしていました。カナダでのルームシェアの時は部屋に鍵も付いていなかったし、住んでいる人も少しおかしな人だったので、シェア住居は住んでいる人が収入もあってきちんとした人なので安心ですね。

高澤さん: 一般的にシェア住居は狭い部屋も多いと思うのですが、ここは広くて良いと思いました。また綺麗に保たれているのも良いと思いました。立地も職場まである程度近いし、上野の美術館やアメ横にも近いのが魅力的でした。

@ 一人暮らしと比べてシェア住居が良いと思う点は何ですか?

金子さん: 帰ってきたときに誰かいることですね。朝おはよう、いってらっしゃいというような感じが良いです。

高澤さん: なんで今までシェア住居に住まなかったんだろうというぐらい満足しています。

西海さん: 一人暮らしはしたことがないですが、音も全然気にならないし全く不満はないです。

西海さん

@ 入居者全員の顔と名前は一致しますか?

金子さん: 今、全体で14人住んでいますが、全員顔と名前は一致します。

@ 普段の生活パターンを教えて下さい。

西海さん: 朝早く起きて他の入居者の女の子とヨガに行ったりしてます。朝食をとって会社に行って、帰ってくるのが8時頃です。ほとんど毎日、自炊をしているのでキッチンに来ると大体金子さんが居て食後に一緒にお茶を飲んだりしています。部屋に戻ってメールチェック、ギターを弾いたり手紙を書いたりして12時くらいには寝ます。平日は部屋に3時間、共用部に2時間ぐらいの配分だと思います。

高澤さん: 仕事が始まる時間が遅いので、8~9時に起きて、身支度をして朝ごはんをつくって11時くらいに出ます。みんな仕事が早いので午前中は一人ですね。10~11時には帰ってきて、少し食べ物をつまんだりしてシャワーを浴びて本を読みながら寝ます。休日は友達とご飯を食べに行ったり、上野の美術館に行ったり散歩することが多いです。

西海さん: 平日は7時頃におきて朝食をとって弁当を詰めたりしています。8時半にはここを出て、7時頃に戻ってきます。7~9時に夕食をつくりながら次の日の弁当も作って、お酒があれば12時くらいまで飲む感じです。あとはシャワー浴びて、ネットを見て1~2時くらいに寝ます。

@ パーティーをしたりすることはありますか?

金子さん: 自然な流れで飲むことは週2回ぐらいはありますね。計画して飲み会をすることはあまり無いですが、オープン当初満室記念でパーティーをしたことはあります。

西海さん: みんなでDVDを見たりすることもあります。外に飲みに行くことはあまりないです。

@ シェア住居内で友達はどれくらいできましたか?

金子さん: 10人前後だと思います。

西海さん: 私も10人ぐらいです。

@ 家賃や光熱費に関しては満足していますか?

高澤さん: 正直、そんなに安くはないと感じていますが、出て行くほどではないです。

西海さん: 立地と設備、住んでいる人との関係を考えると引越しする気にはならないです。

金子さん: もう少し家賃を下げてもらえると助かりますが、比較的に家賃は安いし立地を考えると良いと思います。

なかのひと