第6項 今後注力予定の居室タイプ

グラフ
部屋種別 実数
個室 48
ドミトリー 3
セミプライベート 1

上記回答の理由(抜粋)

個室
需要が高いため
長期滞在につながる。
プライベート性を重要視しているため。
居心地の良い、長く住めるシェア住居にしたいので。
女性としての品位を守りつつ、プライバシーを重視する。
問い合わせ件数の多さから、物件の性質上。
実際に今セミプライベートルームはあまり人気が無いため。
需要が大きい。
今までの流れから
個室のシェア住居が増えてきたため
ドミトリーは同室内でのトラブル(ルームメイト同士の)が起きると対応が難しいため
収益を上げるため
ドミトリーは入らない。(セミプライベートも選択してるよ)
個室・ドミトリー両方とも。
空室率が低いと思うから
ニーズが強い
ドミトリーは退去者が多そうで、入れ代わりが激しい場合、住みずらくなりそうだから。
共同生活未経験者の獲得
プライベート空間の確保
ドミトリーでの居住者同士のトラブル等の対応を考えると個室の方が良い。人気もある。
個室以外はやる気がない。
プライベートの確保によりストレスがたまりにくく、トラブルが起きにくい
定着率重視
トラブルが少なそうだから
ドミトリー等は管理が大変でトラブルが多発しそうなので個室に限定しています。
ドミトリー
ドミトリーの独立性を考えている。ドミトリーの個室化
現在あるシェア住居シリーズにはドミトリーがないので、もっと入居しやすいスタイルが欲しい。

※事業者アンケートの調査結果データより算出

なかのひと